2010年06月03日

イランにウラン濃縮停止要求=岡田外相「追加制裁免れず」(時事通信)

 岡田克也外相は31日夕、イランのモッタキ外相と都内で約2時間会談し、イランがウラン濃縮活動を停止しない限り、国連安全保障理事会が追加制裁を決定することは「免れない」と強調した。これに対し、モッタキ外相はウランの国外移送に関する合意が成立したことを説明し、「制裁は必要ない」と反論した。 

【関連ニュース】
【特集】迷走!普天間移設〜社民、連立政権を離脱〜
【特集】「陸山会」土地購入事件〜小沢氏、再び不起訴=検察審が再審査へ〜
普天間「最低以下」の結果で問われる鳩山首相の進退
社会保障改革に立ちはだかる「既得権益層」
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる

<爆発>自販機横のごみ箱、けが人なし 愛知・一宮(毎日新聞)
「日本列島丸ごと再現」虚構に満ちた仮想空間ビジネスにメス(産経新聞)
EPA介護福祉士候補者向け「日本語学習用Web辞書」公開(医療介護CBニュース)
文芸・美術評論家の針生一郎さん死去=前衛芸術評論で活躍(時事通信)
野党が日程設定撤回を衆院議長に申し入れ 本会議開会ずれ込み(産経新聞)
posted by ノハラ タロウ at 19:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。