2010年04月05日

<北朝鮮経済制裁>政府が1年間延長へ 強硬姿勢を堅持(毎日新聞)

 政府は31日、4月13日に期限切れとなる日本独自の対北朝鮮経済制裁を1年間延長する方針を固めた。4月上旬に閣議決定する。昨年4月以来の延長で、自民党政権下の措置を継続する。核・ミサイル問題で解決の兆しが見えず北朝鮮が6カ国協議の復帰に応じない中、強硬姿勢を堅持する。

 制裁は06年10月の北朝鮮の核実験を受けた措置で、北朝鮮籍船舶の入港禁止や北朝鮮からの全品目の輸入禁止が柱。平野博文官房長官は、6カ国協議の進展状況を慎重に見極める考えを示した上で「制裁を延長しないとか(対象を)狭めるといった状況にはない」と指摘している。

<常磐道引きずり死>運転過失致死罪で男有罪 水戸地裁判決(毎日新聞)
元厚生次官ら殺傷、判決主文は後回し…厳刑か(読売新聞)
「懸命な捜査、誠に残念」=銃撃事件時効で安藤警察庁長官(時事通信)
当直医師を書類送検=必要検査せず女性死亡−業過容疑で警視庁(時事通信)
参院京都に河上衆院議員擁立=小沢氏主導で差し替え−民主(時事通信)
posted by ノハラ タロウ at 17:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。